第二の人生を考えるタイミング

現在、日本社会の雇用環境は明らかに売り手市場です。新卒だけではなく第二新卒についても売り手市場で雇用のアンマッチなければいくらでも就職ができる市場になっています。

これまでは年齢が上がればあがるほど転職が厳しいと言う定説になっていましたが、50歳と言う年齢を具体的にターゲットにして考えてみましょう。

50歳と言う年齢を具体的にターゲットにして考えてみましょう。実際には今の企業の定年は60歳がほとんどのパターンです。60歳からは同じ企業に再就職をするのか他の企業にうつるのかをかんがえなければなりません。しかしながら、実際に60歳からあなたの職業を探すことが非常に難しいのが実態です。だからこそ10年間の定年までの期間を残した50歳を機会に新たな仕事を探すことが非常に正しいのではないかと思います。このタイミングで転職をしておけば60歳からの継続して雇用できるような仕事を探すことができるのです。トータルで生涯賃金を見た時もこの雇用形態の方がプラスに働くことの方が多いでしょう。このように長期的に生涯賃金をベースに考えるのが50歳の転職のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です