地元で出会った優しい彼

夏休みを迎え、先日私は久しぶりに田舎へ帰省しました。
地元の友達と事前に連絡を取り、会う約束をしていました。しかも今回の集まりはその友達のつながりで年の近い男性も数名来るとのこと。私は内心とても楽しみにしていました。もしかしたら素敵な出会いがあるかもしれないと。
当日、私はお気に入りのワンピースを着ていつもより女性らしい装いで出かけました。連絡を取っていた友達と待ち合わせをし、一緒に集合場所へ向かうと私と友達を含めて女性が3人、男性が2人でした。よくよく話を聞いていると、どうやら一緒に現地へ向かった友達と男性の1人はすでに付き合い始めたのだとか。私はとても驚き羨ましく思いました。もう一人の男性はというと、現在彼女はいないとの事でしたが、正直私の好みではありませんでした。
今回は出会いを諦めることにして、地元の居酒屋で二人のなれ初めなどを聞きながら楽しく飲んでいると、一人の男性が遅れて合流しました。仕事帰りだった様子で、少しネクタイを緩めたYシャツ姿でした。私は急にドキドキしてしまい、上手く話せなくなってしまいました。しかし、周りの上手いアシストがあり帰り際に私たちはラインを交換しました。
後で聞いた話、どうやら彼に私を紹介しようという話があったようなのです。
その後、ラインのやり取りは続いており、まだ付き合ってはいませんが優しい言葉をかけてくれる存在ができ、毎日がとても幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です