資格・スキル

プログラミングスクールランキング上位の特徴

【プログラミングスクールが注目されている】
プログラミングを学ぶと、ネット環境があってプログラミングコードが書ける環境がありさえすれば、どこでも働けます。
一般企業で導入されつつあるリモートワークでも十分可能です。
そのため、プログラミングは、副業や独立の手段として非常に人気があります。
2020年からはプログラミングが小学校で必修化されることもあり、プログラミングスクールはどこも注目されています。

【プログラミングスクールを選ぶ3つのコツ】
1.リモートだけで受講できるかどうか
特に地方在住者にとって大切な点です。地方に住んでいて手軽に通学できるプログラミングスクールが見つからない場合、リモート前提で探すことになります。
また、副業でプログラミングを始めたい人にも大切な点になります。リモートならば、プログラミングスクールに通っていることを誰にも知られません。

2.自分が習得したい言語に対応しているかどうか
JavaやHTMLはほとんどのプログラミングスクールで取り扱っています。しかし、マイナーな言語になると、スクールによって取り扱いに違いがあります。

3.サポートが充実しているかどうか
リモートでも通学と変わらない手厚いサポートを受けられるスクールが増えています。
また、就職斡旋を積極的に行なっているプログラミングスクールも増えてきています。
フリーランスで独立する予定でも、実務経験を積むために就職してみるのも、選択肢の一つです。

【プログラミングスクールランキング上位に入るところの特徴】
人気上位のプログラミングスクールには、次のような特徴があります。
1.リモートと通学型の良い点をミックスさせている
リモートだけだと、「ひとりでは続けられない」ということが生じます。同期の仲間とのディスカッションの機会を作っているプログラミングスクールが人気があります。
2.現役エンジニアがメンターとしてついてくれる
3.AIコースもある
AIは、今後プログラミングでもさらに需要が高まると見られています。
4.卒業生コミュニティがある
卒業生コミュニティがあると、エンジニア同士の横のつながりが生まれ、就職後にも助け合えます。
5.就職できなかった場合の返金保証がある

などが特徴です。

個人的にはWebCampPROが良いと思いますが、最近プログラミングスクールは非常に増えていますので、いろいろとネットで下調べしてみるのも良いと思います。参考までにWebCampPROの評判と口コミはこちらから確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です