日記

とあるフロントマンとの出会い

先週、仕事の関係でとあるビジネスホテルに泊まったのですが、その時の話などをつらつらとお話してみたいと思います。
仕事が20時くらいに終わって、ちょっと食事会のようなものに参加した後、22時過ぎにそのホテルにチェックインしました。外観は駅前によくあるような中堅チェーンのビジネスホテル、といった感じで、まあいわゆる、可もなく不可もなくといったようなホテルでした。
ただ、フロントに行ってその印象は良い方に変わりました。フロント係は30代中頃の男性だったのですが、とにかく人当たりが良い方で、そのホスピタリティにちょっと感動を覚えました。
私が疲れ気味なのを察して体の心配をしてくれたり、荷物を一緒にエレベーター前まで運んでくれたり、ホテルのシステムに関して物凄く丁寧に説明してくれたりと、カスタマーサービスを誠心誠意、真摯にこなすぞ、という彼の姿勢がひしひしと伝わってくるのでした。
なんだか、彼のおかげでその日は疲れていた心がパッと晴れやかになりましたし、ぐっすりと眠ることが出来ました。
もう彼に会うことはないかもしれませんが、私にとっては一生心に残る出会いでした。世の中、捨てたもんじゃないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です